断片020

◆俺はゲラなんでどうでもいいことで割と笑ってしまう。弟も俺に似てゲラで、スマホ見ながらしょっちゅう爆笑してる。笑うのはいいが、なぜ笑っているのかがわからないのは気持ち悪いというか、不愉快なものがある。寮に居た頃、スマホ2chまとめとか見て声出して笑うと、そのたびに同部屋の後輩がなに見て笑っているのかを問いただしてきた。そして俺が2chのおもしろページを見せると、きまって「そこまで爆笑するほどではない」と言うのだった。今なら後輩の気持ちもわからなくはない。申し訳ないことをしてしまったと思う。


◆思い出しついでだが、その後輩は入寮してすぐの頃、坂口安吾が好きと言っていた。一応堕落論くらいは読んでいたけど、正直その頃はちんぷんかんぷんだったな。なまじ内容だけは知っているものだから、なんか思いつきで適当なことを言った記憶があり、今思うと恥ずかしい。少し前堕落論を読み返したのだけれど、すごい、何を言っているかめちゃくちゃわかる。『人間は可憐であり脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる』。寮に居た頃は堕落する最中だったから、わからなかったのかもしれない。あの頃はあらゆるものが無意味に思え、昼夜逆転に陥り、大学もろくに行かず、ネットばかりしていた。安吾の言う堕落は、消極的ニヒリズムに襲われ、無力感に身を委ねている状態、と言い換えるとわかりやすくなる*1。その頃はその無力感が全てだったので、理解できなかったが、今ならわかる。たしかに俺は、堕ちぬくことはできなかった。少し前からバイトも始めたし、プログラミングの勉強も始めた。研究職、あるいはプログラマでもいいが、裁量があり、論理の世界に没入できるような仕事をしたいという、将来の目標のようなものもできた。数年前の自分からすれば考えられないが、生きる意義のようなものを拵えてしまった。とりあえず今はこの目標に向かって進んでいきたい。また堕ちる日まで。

*1:少なくとも俺にとっては

断片019

◆今朝に見た夢が重かった。バイト先で無能と詰られる夢と、小学校の時の同級生に告白される夢。まずバイトの夢から。バイト先には、ちょうど自分と同じ時期に入った同年代のバイトが居るんだけど、シフトの関係上一緒に仕事をしたことがない。そいつとたまたま同じシフトに入るが、教えてもらってる仕事の内容とかも自分のはるか先を行っていて、俺よりはるかにテキパキしてる。まごまごしている俺に対しそいつは呆れ、文句を言う。「ちゃんとやれよ」、と。俺はちゃんとやろうとする。が、ちゃんとやろうとしてちゃんとやれるならこの世に罪なんてものは存在しないし、イヴもりんごを食ってねえ。かくして、初対面の日に同期のバイトに見放されるのだ。実際シフトが違う同期のバイトは居るし、俺が仕事できないのも事実だし、なんだこのリアリティ。つづいて、告白される夢。普通なら、楽しい夢になるような気がするが、夢の中でも妙に自己肯定感のない自分は、まず罰ゲームで言わされたという線を疑う。そうでないとわかっても、なお疑心暗鬼に陥る。この人は妄想力、あるいは恋の魔法というやつで、俺のことを理想化してしまっているというか、別人に仕立て上げているに違いない。だって、そう考えないと俺が好かれるはずがない。しかし、このチャンスを逃すと一生付き合えないかもしれない。それを断ってしまうのか? でも、ここでOKしたとしても、魔法が解けてしまったら俺は振られるだろう。もしそうなら、今のうちに断ったほうが良いのではないか。そんな感じで葛藤が続き、バイトの夢以上に精神的に疲弊してしまうのであった。妙に現実的なバイトの夢に比べれば、夢らしいとはいえるが、夢の中でくらい夢を見させてくれよ。起きたときには、もうすでに一日が終わったかのような疲労感でいっぱいだった。


◆そんな感じでヘトヘトだったんで夕方に軽く仮眠をとったんですけど、今度はなんか知らない人に「オマエの文章は下手くそで何を言っているか全くわからない、そんなんで小説を書こうと思っている*1のか、笑わせるな」と詰られる夢を見たので、もうこれはブログに書くしかないなと思って書きました。

*1:割とマジで書こうと思ってはいる。なんか人生なんだかなー感がこの数年強く、そのなんだかなー感を昇華させる手段が創作くらいしか思いつかない。で、まあ文章書くのが一番自分にとって手が届きそうだな、という甘い考え。

断片018

◆中学生のとき、体育の持久走の時間が死ぬほど嫌いで、きついなーと思いながら適当に走ってたのだけれど、あるときふとやる気が出て、頑張って走ってみたらいつもよりずっと楽だった、という出来事があり、妙に印象に残っている。これを人生の比喩と考えるのは少々乱暴かもしれないが、結局頑張ったほうが実は楽、というパターンはあるのかな、と思ったりする。この前医者の卵と化した中学時代の友人に久々に会って、その思いを新たにした。医者の道に進むって、そりゃ大変だろうと思うけど、逆に楽かもしんないな。楽に生きるというコンセプトでやってきた自分はといえば、極力なにもしない生活をこの数年続けてきたのだけれど、なにもしないって思っていたのと違ってしんどいし*1、なにもしないことで人と会わなくなるし*2、なにもしなかったあまりに大学も留年するし*3、もしかして、楽に生きるほうがしんどくないですか。俺のコンセプト間違ってた?


◆わかりやすい文章を書く際のアドバイスとして、「一文を短く」というのはよく言われることであり、実際文章を書くときには一応気にしてはいるのだが、一文を縮めるのは意外と時間が掛かるし、なんかどうでもよくなってきた。ブログくらいは一文長くたっていいか。いや、難解な内容なら一文長いとしんどいけど、個人の日記レベルなら別に気にするようなものじゃないと思われる。

*1:人間は退屈が苦手なことがおおい

*2:人間は孤独が苦手なことがおおい

*3:人間は肩書で人を判断することがおおい

写真

◆俺は、景色に対する執着というか、記憶が結構強いほうだと思う。色んな場所の記憶が、スナップショットのように鮮明に残っていて、ぼーっとしているときとか寝る前とかに、唐突に、結構な強度で襲いかかってくるのだ。自宅に居ながらにして、ショッピングモールやら小学校やら銭湯やら国道にプチトリップするわけだから、楽しくて仕方がない。もし写真を撮っていたら、その鮮明さは尚更に増すだろうと考えて、3年ほど前、大枚はたいてGRという高級コンデジを買った。どうせ一眼レフなぞ買ったところで無精な自分は持ち歩かないだろうと思って、あえてコンデジにしたのだ。その選択は正解だったと思う。ただ、まさかカメラを構えるのすら嫌がるほどの無精だとは思ってなかった。道端とか散歩してて、あ、なんとなくこれいいな! と思っても、持ってるカメラを出すのが面倒で、だいたいスルーしてしまう。まして、うまく撮ろうという意識の高さも存在しない。未だに構図とか、ピントが合わせ方とかよくわからないが、調べる気もない。こんなんだからカメラの腕も全く上達しない。視覚的記憶に執着がある*1からといって、それが写真趣味に繋がるわけではないのかも。


◆なんか長々と書いてしまったけど、暇に任せて今年撮った写真を見返してたので、何枚か良さげなやつをこの場に上げようと思っただけです。


f:id:Re-KAm:20180820022127j:plainf:id:Re-KAm:20180820022046j:plainf:id:Re-KAm:20180820022105j:plainf:id:Re-KAm:20180820022114j:plainf:id:Re-KAm:20180820022106j:plainf:id:Re-KAm:20180820022003j:plainf:id:Re-KAm:20180820021944j:plain

*1:これも自分がそう思っているだけで、実際どうだかわからない

断片017

◆コンビニでおにぎりとか弁当とか温めているとき、自分はどこに居ればよいのかわからなくなる。後ろに並ぶ人の邪魔にならないように、とりあえず横に引いて待っているのだけれど、なんか居心地が悪い。バスとか乗るときも、自分が好きな席(後ろから二番目の左側の席、その前の席でも可)が取れないとヘコむ。初めて入る飲食店は、どの席に座るのがベストなのかわからないのが辛い。座る場所を何十秒も考えることは、この忙しない現代社会において許されないので、とりあえず座るしかないけれど、だいたい失敗する。何回か通ってここだ!という場所を見極めるしかない。そんな感じで、少しでも自分の落ち着く空間を探ろうと必死な毎日だ。当然人が多い場所は苦手だ。東京と大阪では生活できる気がしない。どうでもいいけど、公衆トイレとかで、普通に空いてるスペースがあるのにも関わらず、俺の隣で小便始める輩が稀に居るんですが、あれはどうなってるんだ、マジで。

断片016

◆先日はスーパー銭湯に行ってきた。やっぱスーパー銭湯はスーパーですわ。つらさなんて吹っ飛んでしまう。でも俺のつらさなんて、広い湯船に浸かれば消えてしまう程度のものなのか、と思うとなんか空しい。

◆スパ銭に行く前に腹ごしらえ*1として、レトロな感じのうどん屋さんに入った。自分のあとに何人か客が入ってきたんだけど、ベンチャー企業の人らしく、意識高い感じのおしゃべりをやっていた。ベンチャー企業の人もこんなうどん屋さんに来るのか……と思ってしまったが、ベンチャー企業の人だってレトロな感じのうどん食べたいときがあるよな。完全な偏見だ。そういや、以前顔立ちの整った女性がコンビニでポンジュース買ってるのを見て、美人もポンジュース飲むんだ……とかなり衝撃的だったんだけど、これも偏見っすな。いや、自分の中では美人って普段カプチーノとか飲んでるイメージだし。あ、うどん屋では親子丼を頼んだんだけど、卵のほろほろ具合も絶妙で美味かったです。なんでうどん屋の親子丼は美味いんだろう。

*1:空腹で銭湯入ったら立ち眩みを起こして倒れ込んだことがあるので、それ以来飯を食ってから入るようにしている

断片015

◆薬指のあたりに擦り傷をこしらえた。痛いというほどではないのだけれど、お風呂に入ったときに染みるので、何年かぶりに絆創膏を貼ってみたのだが、これがいい。なにがいいって、絆創膏の匂いがいい。自分はわりと病院大好き人間で、身体の不具合が大したことない場合も病院に行くのだけれど、あの病院の匂いがご家庭で手軽に味わえる。病院の清浄な香り、文明を感じて好き。病院は楽しい。思えば、病という人間が抱える中でもトップクラスに厄介なものを、ムダに高度に発展した科学技術で、あれこれ頭のいい人たちが頑張った結果として病院は存在している。言うなれば、病院という施設は人間の科学技術の結晶なわけで、ロケット発射場とか飛行機とか原子力発電所とか巨大ダムに相当するくらいワクワクしてもいいはずだ。そうだ、病院は楽しいのだ! あ、でも注射は勘弁な。絶対それよりいい方法あるだろ。科学技術もっと頑張れよ。