断片012

◆社会階層の分断みたいな話、定期的にはてブでバズるし、今もバズっているけど、そんな感じの話をしようと思う。かなり脱線しちゃってるけど。

◆自分の卒業した小学校は、どちらかというとガラが悪いほうで、授業サボるやつとか、学校にタバコ持ってくるやつとかが普通に居る感じだった。で、そんな感じのクラスの中で一番のヤンキーと席が隣になっちゃったことがあって、ビビっていたのだけれど、そのヤンキー全然授業に出ないからわりと気楽だった。そのヤンキーが珍しく授業に出たときのことなんだけど、久々の授業だからか、明らかに集中力を欠いていて、「ちんこが痒くなってきたんだけど、あっ、勃ってきた」とか俺に話しかけるわけです。知らんがな。で、「せっかく勃ったから、俺のチンコ見る?」とか尋ねてきて。なにがどうせっかくなんだよ。でもまあ俺はビビりですから、ヤンキーの気を悪くさせないように、「見る見る」とか言うしかなくて。見たら見たで「どう思う?」とか感想を求められて。色々考えて「おっきいよ」と答えといたよ。普通授業中にチンコ見せるか? ヤンキーの考えることはほんとにわからない。

◆で、中学受験をしまして、国立中に行ったんですよ。この国立中がお坊ちゃんお嬢ちゃんばっかりで、結構カルチャーショックだった。入学して一番びっくりしたのは、歯の矯正で歯になんかはめている人がとにかく多かったこと。小学校時代にはまったく見たことなくて、歯の矯正って概念をそこで初めて知った。そして、今調べたけれど歯の矯正って費用めちゃくちゃするのな。100万近い。それだけ金持ちの子どもが多かったのだろうな。あと、友達の家に遊びに行ったりしてびっくりしたのが、一軒家に住んでいるって人が多い。一軒家に住んでいる子、小学校のときはまず居なかった。あと、医者志望の子どもが多かったのにもびっくりした。英語の授業で将来の夢をスピーチしろ、みたいなのがあったけど、半数以上が壊れたスピーカーみたいに"I want to be a doctor."って言ってて怖かった。